『ダークナイトライジング』を観に行ってきました

個人的にこのシリーズが好きで、待ちに待った作品でした。

なので早速近所の映画館に観に行ってきました。

その感想です(ネタバレは控えめになっているハズ….)。

 

本作は『バットマン ビギンズ』とその続編『ダークナイト』のその後のお話で、『ダークナイト』から8年もの時が過ぎています。

 

本作に感じた印象は、原点回帰して『バットマン ビギンズ』にとても近い作品で、つながりも『ダークナイト』よりも強いものを感じました。

ちなみに話の展開の速度も、前作『ダークナイト』のような作中で大きく2転3転し怒涛の勢いでストーリーが進むのではなく、しっかりと順序良くシナリオが進んでいく形になっています。

なので、いろんな意味で『ダークナイト』の続編というよりは『バットマン ビギンズ』の続編と言ったほうがシックリくる、そんな作品です。

 

アクションシーンは前2作と同じで、他のアメコミヒーローのような特殊能力を駆使した派手さはなく、闇に隠れて己の身体を武器に密かに戦うような地味だけれどもカッコイイ、そういった部分はしっかりと受け継がれています。

アクションシートが地味な分、やはり乗り物を使った戦闘シーンが派手で、シリーズを追うごとに乗り物がパワーアップしていてイイですね。

ただ、『ダークナイト』のようなハイテク機器が今回はあまり出て来なかったのは残念でしたが….。

 

シリーズ3作品目になりますが、マンネリにならないように工夫されていました。

ただどうしても、ジョーカーがいないことで敵の行動に刺激がやや欠けるものの、バットマンの言動や信念、また、その周囲の人間の描写は流石の一言でした。

 

これは少しネタバレになってしまいますが、最後はいろんな意味で驚かされました。

本作で完結したことは間違いなく、後味も悪くないイイ終わり方だと思います。

ただ、この作品自体に言えることですが、過去の映像作品や原作に詳しい人は特に楽しめるんじゃないでしょうか。

やってて良かった『バットマン アーカムシティ』と少し思いました。

 

この映画を観る上で、できれば過去作の『バットマン ビギンズ』と『ダークナイト』は見ておくべきです。

特に『バットマン ビギンズ』に至っては、物語を理解する上でとても重要となってくるので、未見だと恐らくあまり意味が分からない状態になるかと思います。

なので、とりあえず『バットマン ビギンズ』だけは予め見た上で観に行くことをオススメします。

 

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/the_-dark_knight_rises/trackback/

コメントを残す