ルートダブル 体験版感想

明日発売ですが、ようやく体験版のプレイが終了したのでとりあえず感想分を書いてみました。
以下、感想…



あらすじ



今回は体験版の感想ということもあり、Aルートのみを記載します。

(以下、公式より引用)

――巨大研究施設『ラボ』の地下で、
   原因不明の爆発が発生してから、約3時間後――
ある男が気絶から目覚めるところから、物語は始まる。

男の名は、笠鷺渡瀬。
今回の事故に巻き込まれた人々を救助するため、
送り込まれたレスキュー隊の隊長。
だが彼は救助活動の最中、何らかの原因により気を失い、
それと共に己の記憶までも失ってしまっていた……。

記憶喪失の原因はわからない。爆発に巻き込まれ、
脳にダメージを負ったのか?
ともかく自分が何者なのかわからぬまま、
突如として地獄のような環境に置かれた渡瀬。
刻一刻と死が迫るこの施設内で、命を繋ぐ『薬』の数は限られている。
さらに断続的に起こる爆発。勢いを増す火災。
それらにより館内のセキュリティシステムが暴走し、
地上と地下を繋ぐ隔壁は封鎖されてしまった。
システムが復旧し、隔壁が解放されるのは、今から9時間後――18時16分。
彼は己が本来持っていた人命救助の知識を全て失った状態で、
それまでの時間を生き延びねばないのだ……!

その事に気づくなり、渡瀬は心が折れそうになるが――そんな彼を叱咤する『声』があった。
まるで自分自身の頭の中から聞こえてくるような声。
それが渡瀬の心の奥に残った意思を呼び覚ます。
その意思とは即ち、使命感。
レスキュー隊員として培ってきた、『人を救いたい』という想い……!
その使命を果たすため、彼は挫けそうな心を奮い立たせ、救助活動を再開する。

そんな彼を支えるのは、同じく地下に閉じ込められた二人の部下。『橘風見』と『守部洵』。
忠実にして有能な彼女たちと力を合わせ、彼は次々と要救助者を確保する。
謎めいた少女『ユウリ』や、市内の高校の教師『椿山恵那』、施設職員の『宇喜多佳司』。
1人助けるごとに、命を繋ぐために必要な『薬』の数は増えていく。
それでも渡瀬たちは、適宜必要な量の薬をかき集め、
さらに他の要救助者をも捜索していたのだが――

その直後、あろう事か施設内で、3つの惨殺死体が発見される。
しかもそのうちの1つは、渡瀬たちの同僚のレスキュー隊員の死体だった……!

こんな状況で殺人事件が!? 誰が何の目的で!?
しかもその殺人犯も渡瀬たちと一緒に、
施設内に閉じ込められている可能性があるらしい。

火災、爆発、そして得体の知れない殺人犯。
頻発する不可解な現象と、謎に満ちた施設。
さまざまな危機と悪意に行く手を阻まれながらも、
渡瀬たちは要救助者の捜索を続ける。
しかし徐々に蓄積する疲労と苦痛と疑惑は、
彼らの心をも蝕んでいく……!

悪意の坩堝と化した地下施設で、彼らが見るものは希望か、絶望か。
死と隣り合わせの世界で展開する、極限の人間ドラマ。

シナリオ


Aルートの1つを丸々収録しているだけあって、体験版とは思えない長さがありました。
それでも全体の4分の1程度らしいので、本編はどれだけ長いのかと・・・。
ですが、基本的には伏線を張るだけ張って終了なので、雰囲気を掴むのにはとても有難い&終わった後物凄く悶々とする体験版でした。

肝心のシナリオですが、あまり深く突っ込むと変にネタバレになってしまう(しかも、憶測や勘違い混じりの)かもしれないので、今回は触り程度で。
Aルートは事故発生から3時間後から、救出されるまでの間約9時間の物語なのですが、閉鎖された空間の中でその間に起こるトラブルにつぐトラブル、そして殺人や放射能に対する恐怖を抱えた極限の状況をどう生き抜くかというストーリーです。
そんな中で登場人物達の信頼関係の変化やその過程がとても丁寧に書かれていて良かったです。

体験版では数あるEDの内の1つに固定されていて、そのEDはある意味言ってしまえばBAD EDの類だったのですが、製品版では当然の事ながらGOOD EDやHAPPY EDもあると思うので、それがとても気になります。
それに、登場人物達が何故事故現場に居合わせたのか、何故この事件は発生したのかという根本的な疑問の鍵を握っているBルートはほとんど謎の状態なので、そちらの話も早く読みたいです。

キャラクター


出てくるキャラクターは一癖も二癖もあるようなのばかりですね。
その上、キャラクターの背景が分からないため、言動の意図がわからず全員が全員怪しいです。
ただ、各々がしっかり物を考えて(良くも悪くも)行動しているので、要らないキャラクターもいないですし、それぞれキャラが立っていて場が二転三転いく様がとても面白く、それがAルート最大の見せ場なのだと思います。

システム


本作では数多くのADVで採用されている選択肢が存在しません。
代わりに『Senses Sympathy System(センシズ・シンパシィ・システム)』(以下、SSSとします)と呼ばれるシステムを採用しています。
詳しくは公式サイトを参照していただくとして、ここでは簡単に説明します。

SSSとは簡単に言ってしまうと、従来なら選択肢が出てくる場面で画面の右上にレーダーチャートの様なものが出現します。
その時に“BACKボタン”を押すと右上のレーダーチャートを操作する画面になります。
レーダーチャートにはそれぞれの頂点に主要キャラクター9名(主人公含む)のアイコンがついていて、その場でのそれぞれのキャラクターに対する好感度・信頼度の高さを表すグラフになっています。
そして、そのグラフを操作することでキャラクター各々に対する好感度・信頼度を変化させ、その場での主人公の言動を決めるシステムです(例えば、キャラクターAとキャラクターBのどちらの意見を採用するか等)。
これは好感度や分岐、更には生死をも決める(重要度の度合いに応じて3色に色分けされています)など、本作での選択肢に相当するシステムになります。

このシステムは想像して貰えれば分かると思いますが、結構頭を使います。
慣れないうちは戸惑うことも多かと思います・・・というか、僕は初めの方は戸惑いました。
ただ、物語の切羽詰まった雰囲気と合致していて、その場その場で誰を信じるか、誰の意見を尊重するかといった感覚的な部分を上手く視覚化したシステムだと思います。
まあ、フラグの把握をしにくいのが気になりますが、その辺りのサポートもあるみたいなのであまり心配はしていません。

本作ではSSSの他に『RAM System(ラム・システム)』というもう一つの物語に絡むシステムがあるみたいですが、体験版では未実装な上、公式でも多くは語られていない為、こちらは製品版でのお楽しみですね。

まとめ


公式サイトを見ていなくてもある程度理解できるように書いたつもりですが、出来ればゲーム開始前までには一度目を通しておくことをオススメ致します。
というのも、あまり長文になっても分かりにくくなると思ったため、端折った部分も多いです。

最初に書いた通り、かなり長かったです。
それでも全体の4分の1だというのだから、フルコンプするのに一体どれだけかかるのか考えただけでもちょっと怖いです。
それでもストーリーの面白さや挑戦的なシステムといった部分がとても気に入りました。
それに、物語の核心が全くわからないまま放置というのも気持ち悪いので予約しました。
一部ではかなりの名作であるとの話も出ているようですが、あまりそういった話を意識せずに製品版をプレイできたらなと思います。

「イエティ」公式ページ
『ルートダブル - Before Crime * After Days -』製品ページ

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/rw_tr/trackback/

コメントを残す