ランス9 ベンチマークテスト結果

先日、専用HPのオープンに先駆けて動作確認の為のベンチマークプログラムが公開されました。

手持ちのPCでベンチを走らせてみたので、その結果を公開してみたいと思います。

 

今回テストしたのは普段から使っている自作のデスクトップ ゲーミングPCと、4・5年前に購入したノートPCです。

ノートPCはGatewayのM-2410jという機種で、OSをVistaから7にアップグレードしています。

 

 

テスト結果を貼る前に、現在公式で公開されているランス9の動作スペックと、今回テストに用いたデスクトップPCとノートPCのスペックを簡単にまとめてみました。

 

公式動作スペック デスクトップPC ノートPC
CPU Core i3以上 Phenom II X6
1100T BE

Athlon X2 Dual-Core

QL-60 1.9GHz

メモリ 2GB以上 DDR3 12GB DDR2 3GB
HDD 未定 SSD 64GB 等 320GB 5400rpm
グラフィック

シェーダモデル2.0以上

ビデオメモリ256MB以上

Radeon HD 6870

ビデオメモリ 1GB

オンボード
AMD 780G
Radeon HD 3200

ビデオメモリ 256MB

ディスプレイ 1280×720フルカラー デュアルディスプレイ
1600×1200
1920×1020
1280×800
OS WindowsXP (SP2以降)
/ Vista / 7 / 8
日本語版
Windows8 64bit Windows7 32bit

 

では結果を発表していきたいと思います。

まず先に、デスクトップPCの結果から。

 

rance9_bench01

 

高画質:157fps

標準画質:202fps

低画質:213fps

 

標準と低画質とで結果が然程大きく変わらないことにやや釈然としないものがありますが、結果としてはまずまずですね。

 

ちなみに、数値的にどの程度出れば問題ないかというと、このようになっています。

 

rance9_bench02

 

なのでこの場合は、快適にプレイできる目安の2.5倍の数値が出ているので、高画質でもなんの問題もなくプレイできることになります。

 

 

次はノートPCでの結果です。

結果はこうなりました。

 

rance9_bench03

 

高画質:3fps

標準画質:15fps

低画質:22fps

 

辛うじて低画質でプレイできるかも?ってな程度の結果になりました。

先にも書きましたが、このノートPCは4・5年前に購入したものではあるのですが、このノートPCはコストパフォマンスに優れいて、特に同価格のデスク・ノートPCの中でもグラフィック性能は良い方なのですが、出た結果これなので同時期の市販のPCだと結構厳しいかもしれないです。

 

ちなみにこのノートPC、コストパフォマンスには優れていてグラフィック性能は悪くないのですが、CPU性能は値段相応で同時期のPCの中でも中間~やや下の方ということもあり、ベンチマークソフトを立ち上げるとタスクマネージャーがこんな感じにいっぱいいっぱいで余裕がほとんど無くなってしまっています。

 

rance9_bench04

 

それでもいざテストを始めると下のようにCPUの稼働率がグッと下がるので、このベンチマークがCPU依存ではなくGPU(グラフィック性能)依存のベンチマークテストだということが分かります。

 

rance9_bench05
rance9_bench06
rance9_bench07

 

上から高画質・標準画質・低画質時のスクリーンショットになります。

 

 

 

今使用しているデスクトップPCはゲーミングPCではありますが、パーツそのものは少し古いハイエンドなので、今現在の基準だとそれほど性能は高くありませんが、それでも性能としては余裕なので最新のPCゲーム(CoDとかBFとか)と比較するとまだまだ軽いです。

ですがノートPCの結果を見るに、やや古い市販のPCだと厳しい程度には重いので、あまりPCの性能には拘らず、PCの買い替えも頻繁には行わないと言われているエロゲープレイヤーの方々からすると最悪買い替えを余儀なくされるかもしれないくらい重いです。

あと、最近のノートPCでも安いもの、特にネットブックと呼ばれるものだと快適に動作するかどうか相当に怪しいですね。

 

なので、もしランス9を購入予定でPCが少し古いという方や、安いノートPCを最近購入したという方は一度このベンチマークを使って快適に動作するかをテストしてみることを強くオススメ致します。

今は大分PCの値段も下がっているので、動作が厳しかったとしても発売までの間にお金を貯めてPCを新調することができるかもしれませんので。

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/rance9_bench/trackback/

コメントを残す