『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s』 感想

先日、絶賛上映中の『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s』を見に行って来たので、その感想です。

 

◆ 概 要 ◆

当たり前と言えば当たり前ですが、基本的にはTV版『魔法少女リリカルなのは A’s』を映画に再編したものです。

なので、基本的な設定や話の大筋はおおよそ同じです。

なぜ”おおよそ”と断りを入れているかというと、全12話の話をせいぜい2時間かそこいらに落としこむにあたって、どうしても細かな設定やストーリーの展開を改変する必要があります。

そしてそれは、総集編のような重要な場面を切り貼りしたようなものではなく、TV版をベースに1から作りなおした1つの作品に仕上がっています。

 

◆ ストーリー  ◆

ストーリーの根幹はTVと同一とはいえ、時間の関係でどうしてもキャラクターの出番の有無の差が凄いです。

主人公である”なのは”・”フェイト”、本作の重要人物である八神家の面々と、リンディさん以外の出番がごっそり削られていて、少しさびしかったです。

特に、本作の重要人物であるはずのクロノの出番がほとんどなかったのは流石にちょっとどうなんだろうという気がしないでもないです。

女の子に需要が集中しているのは分かりますけどね(;´∀`)

あと、おじいちゃんとその使い魔の双子ちゃんの存在が綺麗サッパリ消されたのは、少し残念ですね。

時間の問題だということはよく分かるんですが。

 

余談ですが、ストーリーの直接的な繋がりは当然ですが『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 』になっています。

・・・だからどう、ということはないんですけどね。

 

◆ 絵 ◆

ここが本作一番の見所かつ、映画館で観る一番のメリットでもあるところだと思います。

なんといっても大画面で繰り広げられる迫力の戦闘シーンは圧巻でした!

そして、その分ますます”平凡な小学三年生”という言葉が似合わなくなってます。

もうその戦闘の激しさたるや、「どこの7つの玉を集めると願いの叶う漫画だよ!」と、思わずツッコミを入れそうになるくらいでした。

 

なので、ファンの方には1度は大きなスクリーンで観て欲しいです。

 

◆ まとめ ◆

はじめにも書いた通り、TV版『魔法少女リリカルなのは A’s』をベースにして、あらゆる面で映画用に作りなおした作品です。

特に戦闘シーンの力の入りようは圧巻なので、「TV版を見たからもういいや」と思っている人にもぜひ大きなスクリーンで見れる映画館でその迫力を堪能して欲しいです。

なのはシリーズ未見の人は、前作の『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 』を見ればおおよそ分かるので、レンタルショップで借りて観て、それで楽しめた方はにも是非観て欲しいです。

本作はMOVIE 1stよりもあらゆるところがパワーアップしているので、楽しめること請け合いですので。

 

正直、個人的にここまで気合を入れて作りなおされているとは思ってもいませんでした。

そうこともあって、この映画はとても楽しめました。

余裕があればぜひもう一度観に行きたいと思っていたりもするのですが、どうも行けそうにないので凹みます。

なので、円盤が出たらその時はしっかり購入して、家で落ち着いてもう一度観直したいですね。

 

〓 関連リンク 〓

 ・ 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s 公式サイト

 ・ 魔法少女リリカルなのはA’s 公式ホームページ (TV版)

 ・ 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s – Wikipedia (ネタバレ注意)

 ・ 魔法少女リリカルなのは – Wikipedia (ネタバレ注意)

 

 

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/nanoha_move_2nd/trackback/

コメントを残す