劇場版 『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』観に行ってきました

ようやく劇場版を観てきました。

ちょっと書くまでに時間がかかってしまいましたが、その感想です。

 

今回は上映開始から時間が経っていることもあり、ある程度ネタバレを含みつつ書いています。

以下、感想。。。。

 

『魔法少女まどか☆マギカ』という作品がTVで放送される前、色んな憶測や噂が飛び交っていました。

それがいざ蓋を開けてみると、最初の明るい展開からのいきなり不意打ちで有名なアノのシーン。

そしてそこからの怒涛の展開と明かされていく衝撃的な事実の数々。

それらを乗り越え、最後は決してハッピーエンドとは言えないようなほろ苦いものを含みつつも、綺麗な終わり方をしました。

そんな作品の続編がこの『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』です。

当然ですがありきたりな・・・いわゆる王道をゆくような、そんな物語ではありませんでした。

 

開始早々、「えっ!?」と驚かされるところから始まり、物語が進行するにつれ疑問が積もっていき、それもピークに達するころに一気に明かされてゆく真実と怒涛の展開、更にそこから二転三転と動くストーリー。

そして物語は思いもよらない結果に落ちつくという、ある種前作と似たような展開ではありますが、映画ということもあってその短い尺に全て凝縮されています。

そんな内容と展開の映画が最初から終わりまで怒涛の勢いで進んでゆくさまはまさに圧巻の一言で、映画を観終えたときには虚脱感に襲われるほどでした。

そう言った意味ではとても『魔法少女まどか☆マギカ』らしい映画でしたし、この情報量と二転三転では収まらないシナリオ運びを映画という短い時間に過不足なく綺麗に収めているのはとても凄いですね。

下手をすれば完全な描写不足や超展開になっていた恐れがあったのではないかと、そんな気がしてならないですし。

 

 

ここからはもう少し内容に踏み込んで書いていきます。

TVでの物語は”鹿目まどか”の物語でしたが、それと同時に”暁美ほむら”の物語でもあります。

”鹿目まどか”の物語はTVで既に決着がつきましたが、”暁美ほむら”の物語には決着がつかずじまいでした。

そんな”暁美ほむら”の物語にようやくケリを付けたのがこの映画の内容になります。

 

この映画を観た感想を一言にまとめるなら「”まどか”と”ほむら”は互いをとても思いやっているし、大切にも思っているにもかかわらず、二人の道は一時的に交わることはあっても、完全に1本になることはないのだな~」です。

そういう意味では本編が綺麗に終わって、将来1本の道に交わる可能性の高かった状態からこの映画に続くので、見かたによっては完全に蛇足ではあります。

ですが、個人的にこの終わり方はとても『魔法少女まどか☆マギカ』という作品らしく感じました。

それどころか、”まどか”と”ほむら”がとても対照的であることや、”ほむら”のこれまでの言動や性格を考えると、むしろこの終わり方に収まったことは必然といいますか、とても自然な風に感じます。

ただ、観た後の感想で「スッキリした」や「楽しかった」なんて言葉が出てくるような作品ではないのは確かですが。

 

 

あと、簡単な雑感を箇条書き

  • TVではあまりいいところが無かったマミさんの戦闘シーンがカッコ良かった&ベテランらしいところを観られて嬉しかった。
  • 相変わらずキュウべえがアレ。特に最後の方はちょっと気持ち悪かった。
  • ”百江さなえ”の扱いが微妙。というか、裏設定とか全く知らないのでどうしてこうなってるのかがイマイチ分からないのだけど、○〇〇と同じと見ていいのかしら?
  • 劇場版ということもあり、絵にとても力が入っていたのはとても素晴らしいのだけど、情報過多で極彩色が多めなのと、劇団イヌカレーの演出が力入り過ぎてて目が痛い(疲れる)。
  • これは多分観た劇場の問題だと思いますが、音が大きくて耳が辛かった。

 

まとめ


人を選ぶ内容だとは思いますが、とても『魔法少女まどか☆マギカ』らしい内容の映画という言葉が似合う映画でした。

ただ、なんでもかんでもハッピーEDにすれば良いとは思わないことや、”暁美ほむら”の物語に決着がつくに相応しい終わり方だと思っています。

なので、ハッピーEDを期待して観るととても後味の悪い思いをするので気をつけて下さい。

 

この映画は最初から最後まで目を離すスキの無いほど展開も早く中身も濃いので、映画でしっかり腰を据えて観れたのは観に行って正解でした。

なので、もし家庭で観ようと考えている方は、なるべく途中で邪魔が入らないようにした上で鑑賞されることをオススメします。

 

最初は正直なところあまり期待していなかったのですが、そんな自分が鑑賞後「観に来て良かった」と胸を張って言えるくらい面白かったです。

なのでTVないし映画の総集編を観て少しでも面白いと感じたなら、この映画を観ることを強くオススメ致します。

 

リンク


 

 

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/madoka-magica_shinpen/trackback/

コメントを残す