【AL作戦/MI作戦】攻略記録 MI-1

ここからはある種このイベント「AL作戦/MI作戦」の目玉である、連合艦隊を用いた戦闘になります。

ですが、ある程度各艦種の頭数が揃っていて、装備もそれなりに充実さえしていればAL海域よりもむしろ簡単です。

ただし資材が吹っ飛びます。

 

繰り返しになりますが、本題に入る前に注意事項と前提条件です。

  • 攻略時の提督レベルは107です
  • 攻略の際はwikiも合わせて読むことを推奨しています
  • AL作戦で使用した艦はMI作戦とEXに使用できません
  • 同じく、MI作戦で使用した艦はEXに使用できないので、最終海域まで攻略予定の方はEX用の最低18隻(メイン艦隊+道中・決戦支援艦隊)は確保した上で艦隊編成する必要があります。

 

はじめに書いた通り、MI作戦は連合艦隊を用いた戦闘になります。

なので、これまでの第一艦隊をメインに、第二艦隊を組み合わせた最大12隻の艦隊になります。

また、連合艦隊を組むのには以下の条件があります。

 

第一艦隊

  • 空母を最低2隻の含める必要あります(最大は4隻・水母は空母としてカウントしない)
  • 戦艦・航戦を2隻までしか使えません

第二艦隊

  • 軽巡が1隻必須(2隻以上は不可・雷巡は軽巡に含まない)
  • 駆逐は2隻必須
  • 重巡・航巡は2隻までまでしか使えません
  • 水母は最大1隻まで

これらの条件をすべて満たす必要があります。

また、AL-2クリア報酬の大淀を改にすると持ってくる「艦隊司令部施設」を第一艦隊旗艦に装備することで、戦闘中に大破すると”護衛退避”が行えるようになります。

ですが、なくても何とかなるので必須ではありません。

 

 

これらのことを踏まえ、この海域攻略メンバーはこのようになっています。

 

第一艦隊

14_summer_e3-01

 

第二艦隊

14_summer_e3-02

 

 

各艦装備

 

第一艦隊

14_summer_e3-03

 

第二艦隊

14_summer_e3-04

 

第一艦隊は補給前に撮ったものなので艦載機が少なくなっています。

第二艦隊は航巡に瑞雲や晴嵐を載せていますが、正直役に立ってない感じなので、普通の水上偵察機や電探で良かった気がします。

 

 

MI-1海域のマップです。

 

14_summer_e3-05

 

今回の編成ではルート固定ができていないこともあり、3つに分かれる地点からランダムに上・中・下と選ばれました。

ですが、このイベントで重要な索敵値がここでも重要で、値が一定以上であればどのルートからでもほぼボス確定なので、あまり気にしなくても問題ないです。

ただそれでもあえて選ぶなら、下からのルートが一番楽だったような覚えがあります。

 

 

戦闘突入時の陣形ですが、連合艦隊になったことによりこれまでのものとは違ったものになっています。

 

14_summer_e3-06

 

このマップでは潜水艦が出てこないこともあり、道中は「第三警戒航行序列」、ボス戦は「第四警戒航行序列」を選びました。

 

 

戦果

S勝利8回、A勝利4回でした。

 

S勝利

  • 加賀 * 2
  • 大井
  • 日向
  • 蒼龍 * 2
  • 清霜
  • 赤城

A勝利

  • 加賀
  • 白露
  • 霧島
  • 榛名

濃厚な空母づくしですが、このイベントで追加された清霜が攻略中に手に入ったのはとてもラッキーでした。

 

 

このマップから新たに導入された連合艦隊を運用することになるわけですが、一度に2艦隊分を一気に使うこともあって、資源の消費が凄まじいですね。

おおよそですが、一度の出撃で油・弾・ボーキが500程度なくなります。

なので、資材が少ない状態で慌てて装備の開発や急速レベリングを行うのはやや厳しいと思われます。

ですが難易度はさほど高くなく、正規空母を4隻使った編成ということでE-6用に主力の正規空母を残したかった関係で急遽、あまり育てていなかった予備の蒼龍・飛龍をねじ込んだ形になってしまいましたが、無事クリアできました。

連合艦隊を使った戦闘も新鮮で面白かったです。

それだけにこのイベント終了後、この連合艦隊システムがどういった扱いになるのか気になりますね。

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/kancolle_al-mi_03/trackback/

コメントを残す