艦これ モデル 買ってきた

先日発売されたF-toysの『艦これ モデルVol.1』を試しに買ってきました。

 
今回はお試しということで2つ購入しました。
 
01
 
『艦これ モデルVol.1』は全8種+シークレット1種の計9種ありますが、その中の加賀を目当てにしていたですが、当たったのは…
 
02
 
加賀と同じく空母の赤城と…
 
03
 
重巡の利根でした。
で、早速組み上げたものがこちら。
 
04
 
台座のカードは保護シールで保護されていて、説明書にはそれを剥がして使用するよう書かれているのですが、かなりぴっちりくっついていて剥がすのが面倒だったのでそのままの状態で使っています。
なので保護シールを剥がせばもう少し色が鮮やかになると思われます。
ちなみにこのやたらと大きな台座は小さな台座に分離可能で、分離するとかなりコンパクトになります。
 
05
 
 
組んでみての感想ですが、取扱説明書に書かれている道具はひと通り揃えておいた方が吉です。
その取扱説明書に書かれていた道具は

  • プラモデル用ニッパー
  • カッターナイフ
  • ピンセット
  • 流しこみタイプのプラモデル接着剤

これらが挙げられていますが、この中でも特にニッパーと接着剤は無いと困ると思われます。
 
というのも、部品が細かいので、切り離すときにちゃんとしたニッパーを使わないと、部品切り離し時に部品がどこかに飛んでしまって行方不明になる恐れがあります。
接着剤は安価な価格設定だけあって精度に欠けるところがあります。
なので、接着剤を使わないとパーツがすぐにすっぽ抜けたり、パーツ同士を接着剤でくっつけて固定する箇所の処理に困ったりするハメになります。
 
残りの道具についてですが、カッターナイフはデザインナイフ等でも可です。
これはあった方が便利ですが、なくても最悪どうとでもなります。
ピンセットは部品が細かいので、組み立てるのにあると便利です。
あと、パーツを手で持つと部品が細いので破損させる恐れがあるのですが、それを回避する意味でもできればあった方がいいです。
 
ちなみに私は趣味で模型を作ることもあり、道具は揃っていました。
今回使用した道具達
 
06
 
ピンセットがストレートタイプとつる首タイプの2つ写っていますが、作るにあたっては別にどちらでも問題ないです。
もし購入される場合は好きな方で大丈夫です。
それよりも、ホームセンターとかで売っているピンセットは精度がイマイチなのもが多いので、模型用ないし精密機器用の定価が1000円以上の物がオススメです。
精度がないと何が駄目なのかというと、細かいものがしっかりと摘めない・何かの拍子にパーツが飛んで行くことがあるという、地味にストレスが溜まる原因にもなったりするので、これを数隻作ったり、ウォーターライン等の模型を作る予定があるのであれば、良い物を買うことをオススメします。
 
 
はじめてこの手の物を購入したのですが、500円という価格の割に満足度の高い商品ですね。
取扱説明書にはちょっとした漫画が掲載されていたり、備品が充実していたりとお得感があります。
勿論、肝心の模型も1/2000スケールと小型ながら、素人目で見る分にはディテールも結構細かい上に彩色済みと、大きさの割に満足感があります。
しかも全艦フルハルモデルで洋上(船底なし)モデルが無しというのもいいですね。
 
今回、これがVol.1ということで、今後2・3と続いていくと思われますが、出来ればこのクオリティーと全艦フルハルモデルであることを維持しつつ続いていって欲しいですね。
 
 
おまけ
適当に撮った写真
◆赤城◆


◆利根◆

リンク

 

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/kan_colle_model_voi1/trackback/

コメントを残す