『ひとつ飛ばし恋愛』体験版 感想

珍しく2日続けてのエロゲ体験版の感想記事です。

今回はASa Projectの新作、『ひとつ飛ばし恋愛』の体験版をプレイした感想になります。

 

体験版の内容が短かったこともあり、ネタバレ要素は殆ど無い・・・ハズです。

では、以下感想。。。。

 

本作は話のジャンルとしてはラブコメですが、かなりコメディーに寄っていています。

一口にコメディーといっても、パロディネタやメタネタを中心に、テンポのいい掛け合いで話が進むので、プレイしていてとても楽しかったです。

ただしこれは笑いの方向性が自分に合っていたからの感想なので、ノリが合う合わないで評価が180度分かれると思います。

 

例えば、ヒロイン始め、登場人物のほとんどが奇人変人ばかりでアクが強く、ヒロインの一人に至っては変顔や下ネタ上等な言動を繰り返すので、これが受け付けられない人もいるかもしれません。

それ以外にもパロディネタの弱点でもありますが、元ネタが何かが全く分からないとなると面白さは半減してしまったりもするので、その辺が気になるようでしたら、事前の体験版のプレイは必須と言えます。

 

話は変わりますが、本作のタイトル『ひとつ飛ばし恋愛』の通り、主人公の姉妹や幼馴染、従姉妹の友人がヒロインなのですが、正直、姉はともかくそれ以外のキャラクターは攻略キャラクターになっていてもおかしくない感じがして、勿体無い気がします。

特に幼馴染に関しては主人公とも息がピッタリで、普通の作品ならほぼ確実にヒロインになってるであろうことを考えると、殊更強くそう思います。

まあ、それをやってしまうとタイトルやコンセプトに反してしまうので、やらないとは思いますが、もし本作が好評でFDを作ることがあれば、是非検討して欲しいですね。

 

 

◆まとめ◆

笑いの要素がツボにハマれば腹筋崩壊とまでは言わなくとも、終始笑いっぱなしで楽しめると思いますが、ダメだとと凄くお寒いギャグを延々と見せられるだけになるので、かなり辛いことになることが予想されます。

なので、少しでも不安要素があるのなら体験版をプレイすることを推奨します。

 

ちなみに、体験版の内容は主にキャラクターの紹介と、作中の雰囲気の紹介なので、本格的な内容には踏み込んでいません。

そのため、プレイ時間もさほど長くなく、ストーリーの楽しみも殆ど無く、それは製品版までのお楽しみという形になっていますので、割り合いお試しとい意味では丁度イイ感じになっています。

 

もし、体験版をプレイして楽しめたのなら、途中でダレるとかそういうことでもない限り、楽しめるのではないでしょうか。

そう期待させてくれるような体験版でした。

 

 

◆関連リンク◆

ASa Project 『ひとつ飛ばし恋愛』 応援バナー企画

 

 

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/hitotsutobashi_try/trackback/

コメントを残す