E3 2012 感想

各社の発表を見て個人的に感じたことを、自分の考えをまとめる意味もあり少し書いてみます。


■ MS ■
Halo4を始めとした続編中心で、安定した良作がまだまだ出ることの安堵感はあるものの、新しい作品がほとんどないという意味では物足りない内容でした。
その代わり、liveサービスの更なる充実やIE,Xbox Smart Glassといった新たな機能の追加など、これからが楽しみな内容でもありました(まあ、日本は関係なさそうなものもが半分ほどありましたがorz)。
ただ、魅せ方が今ひとつで内容がそこそこ良かった割にイマイチな印象なのが残念です。
あと、途中のダンスは盛り上がったのは盛り上がったとは思いますが、変に印象強すぎな気も・・・。

■ Sony ■
色々紹介してた気はするんですが、イマイチ印象に残ってないです・・・。
何というか無駄に話が長かったり、ムービーだけを数分間流すだけで実際のプレイ画面がない等、全体的にダレ気味な印象です。
正直、PS3は別にそれでも問題ないとは思うのですが、今のところ全く振るわないVitaに対して殆どテコ入れがないというのはどうなんでしょう。
PS3のコントローラになるのは既に去年発表していましたし、ましてやPS1のソフトができるようになるのなんてできて当然、むしろ遅すぎるくらいですし、その他のことについても同様な印象です。
色々キツイことを書きましたが、最後の『THE LAST OF US』のプレイ動画はとても良かったですね。
見ていてワクワクしました。
このチームが作っていたアンチャーテッドは今ひとつ肌に合わなかったのですが、これはとても面白そうでプレイしたいです。

■ 任天堂 ■
今回はWii Uについての発表がメインでした。
むしろ、3DSについてはほんの数分だけで、それ以外のすべてがWii U関連ですね。
今年発売なので当然といえば当然ですが。
そのWii Uですが見ていて感じたのは、GamePadが従来のWiiからの最大の違いということでとてもプッシュしていて、現時点で様々な試みをしているということです。
それは任天堂だけではなく、サードパーティのソフトもそういった印象でした。
ただ、サードパーティ製のソフトは、このWii Uと新たなコントローラGamePadを使った開発に慣れる為に新規のソフトは控えめで、既にPS3とXbox360で発売されているソフトの移植がメインで、勝負は発売1年後からといった感じに思えます。
流石に任天堂はその辺一歩前行っている感じでしたが。

■ その他雑感&まとめ ■
なんだかんだで今年のE3はUBIが一際輝いていた気がします。
各社の発表にUBIのソフトがあるというのは、それだけ最近勢いがあるということだとは思いますが、個人的には予想外でした。

それと関連して・・・ではないですが、最近のゲームソフトはマルチが前提な流れではありましたが、今回の発表でWii Uもその流れに入ったとみて間違いなさそうですね。
何というか、それが当然で当たり前な現在の状況は理解できるんですが、近年のゲーム業界がかつてほどの勢いがないのが感じられて寂しいです。
ただやはり、新しいゲーム機というのは盛り上がりますし、何よりワクワクできて良いですね。

なんだかんだ書きましたが、今年のE3もそれなりに楽しめました。
来年は色々噂されている新ハード達がどうなるのかとか、現状から1年でどう変わっているのかなど、来年のE3もどうなるか楽しみですね。

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/e3-2012/trackback/

コメントを残す