『DRACU-RIOT!』体験版 感想

書こう書こうと思って延ばし延ばししていたら、いつの間にやら発売日明日ですよ。
本来ならもっと早くに公開できたはずなので、次はもう少し早めにできるようカンバリマス。
そんなこんなで以下感想です。。。



あらすじ



(以下、公式より引用)

「脱童貞!」(それでも素人童貞です)
構造改革特別区 海上都市— 『アクア・エデン』
カジノや風俗などが合法となった、日本で唯一の特別な島。

その島に、大きな目的を掲げてとある学生は訪れる。 彼の目的は “童貞を卒業すること” だった。
そんな彼の友達でもある主人公—六連佑斗は、大それた目的のことなど知らぬまま、友達とのただの旅行を楽しむために海上都市を訪れる。

その都市で、佑斗は誘拐事件を目撃!
見過ごすことはできないと、その誘拐事件に首を突っ込んだ佑斗は――なんと “吸血鬼” になってしまうっ!!

吸血鬼となった佑斗は本土に戻ることができず、海上都市で暮らすことに……。
しかしそれは、これから始まる物語のほんの入り口にしか過ぎなかった。

真夜中に授業が行われる学園に、月夜を闊歩するクラスメイト (※吸血鬼) たち。
これまで体験したことのない常識外れな大騒動に胸を躍らせていく。

そうして、吸血鬼と人間が共生する海上都市で、甘く切ない夜の物語が幕を開けるのだった――

感想



良くも悪くもキャラゲーと言ったところでしょうか。
そもそもこのメーカーにシナリオ重視の作品はあまり期待されていない(別に悪い意味ではなく)と思うので、ユーザーのニーズにしっかりと答えていると思います。

シナリオの傾向としてはキャラゲーなので、やはりメインはヒロインとの掛け合いなのですが、明るい雰囲気で楽しいですね。
ただ、どうもトークが下ネタよりなので、そういったものがあまり好きじゃない人はやってて辛いかもしれないです。
逆に、ヒロインとの下ネタトークが大好物な人はそこそこアタリな気がします。

ヒロインとの掛け合いがメインなので基本は明るい話ですが、あらすじで誘拐事件なんて単語が出るくらいなので、シリアスの割合もそこそこ多いんじゃないでしょうか。
体験版の時点でも色々ありそうな雰囲気もありましたし。
まあ、延々と下ネタトーク続けられるよりも、適度にシリアス部分が入るとメリハリができてダレにくいので、いいと思いますが。
それに付随して戦闘シーンもあるのですが、あまりこういった部分に重きを置いてないようで、燃えゲーのそれと比べると結構アッサリとしている印象を受けます。
あくまで雰囲気作りの1つといったところだと思います。

ちなみに、こういった要素を持った作品だと、主人公がどういった役回りかというのが意外に重要だったりしますが、この作品の場合主人公が結構強いタイプになりそうです。
というのも、吸血鬼には各々1つの異能を持っているのですが、主人公はどうやら特殊っぽいので、シナリオ次第ではあるものの、活躍しそうな感じです。

まとめ



グラフィックも含めてキャラクターがとても可愛い作品ですね。
声優さんも上手い人を揃えていて、キャラクターを可愛く魅せることに重点を置いていて好感がもてました。
あとはシナリオでそれを活かせるかどうかですね。
こればっかりは発売してみないとわからないのでアレですが。

あと個人的に、ヒロインたちと下ネタトークするのはあまり気にならなかったのですが、先生のホモネタがちょっとしつこくて気になりました。
ホモネタ自体は嫌いじゃないものの、同じネタを同じ感じで延々とされるのは流石に辟易とするので、そこはマイナスですね。

「ゆずソフト」公式ページ
『DRACU-RIOT!』製品ページ

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/dracu-riot_tr/trackback/

コメントを残す