『追奏のオーグメント』 体験版感想

地雷ソフトの新作『追奏のオーグメント』 の体験版をプレイそた感想です。

今回の体験版は特にネタバレになりそうなところもなかったので、あまりそのあたりには気にせず書いています。

なので、もしかするとネタバレっぽい部分がある・・・かもしれません。

では、以下感想。。。。

あらすじ


(以下、公式より引用)

かつて少年だった男───河嶋秀弥は、死ぬことを望んだ。

既に80を超える老齢となり、身体も満足に動かない。
生きる目的を見失っていた男はついに、自らの喉へナイフを突き立て、この世と決別する。
若かったあの頃に戻れたら、もう一度青春時代を過ごせたなら……そう願いながら。
だが意識が途切れる直前、少女のような声が耳に入った。

「ボクがその願いを叶えてあげる」

目を覚ました秀弥は、驚愕する。そこは60年前の世界で、身体も若返っていた。
実家に帰ると、亡くなったはずの両親や若かりし頃の姉が出迎えてくれる。

自らの願いが叶ったと、混乱しながらも歓喜しつつ自分の部屋へと入る秀弥。
だがそこには、かろうじて人型とわかる異形の怪物がいた。
震える秀弥の前で、怪物が言葉を紡ぐ。
あの時───意識が途切れる直前に聞こえた、少女のような声で。

「ボクは死神のオーグメント。死にかけていたキミの時間を戻したのはボクさ」

使命は、幸福の果てに亡くなった人間の魂を刈り取ることだと言う。
そう、望むのは秀弥の魂。願うのは秀弥の幸せ。
相反するような2つの思いを叶えるため、ここに来た。

追想の中、死神と共に奏でる幸せの行方は───

シナリオ


主人公が冒頭からいきなり自殺して、80歳から60以上若返ったとか、死神がいるなんていうトンデモ設定な割に、作品の内容は割りと普通な印象です。

ところどころ、主人公の言動や考えに長年生きた人間らしい部分は見られるものの、基本的には普通の学生と言った感じですし、死神のオーグメントも会話はするもののそれ以外何するでもなく、いたりいなかったりという感じです。

 

一応オーグメントが取り憑いたことで、自分で自分の喉を突き刺すことで時間をリセットできる能力を得てはいますが、任意の時間まで巻き戻るわけでもなく、初めて若返ったときに目覚めた時間と場所に巻き戻るだけなので、どう考えても使い勝手が良くないんですよね。

体験版だということで、まだまだ隠された能力なんかもある可能性はありますが、その辺は製品版でのお楽しみでしょうね。

なので今のところは、ちょっと変わった部分はあるものの、基本的には至って普通な作品だと思います。

 

ちなみに、体験版をプレイした印象だと、何で主人公が80まで独身だったのかが割りと真剣に理解できないです。

普通、これだけ明るくて顔も良ければ彼女の1人や2人ぐらいできるだろうと・・・。

しかも、作中や周りのキャラクターの反応を見るに、主人公の言動は当時のものとさほど変わっていない(違和感を持たれていない)ので尚更ですよ。

もしかすると、本当に運と少しの積極性がなかっただけだったりするのかもしれませんが、その辺に絡めた話とかもあれば面白いかもしれないですね。

 

キャラクター


ストーリーよりもむしろこちらの方が個性的な気がします。

というのも、メインヒロインで主人公とも幼馴染な梅川以外の登場人物が(主人公も含め)、大なり小なりどこか変なキャラクターばかりで、とても面白いです。

 

ただ主人公からして、無駄にハイテンション&下ネタや下らないギャグをよく言うので、人によってはこの作品は”疲れる”もしくは”合わない”可能性も低くない気がします。

ちなみにこの作品、主人公以外のキャラクターも下ネタが多かったりします。

むしろ、一部キャラクターはまごうことなき変態です。

 

これだけだとただの変態祭りのように見えてしまうので一応フォローを入れると、はっちゃけたキャラクターが多い本作ですが、意外と全くの常識知らずなキャラクターはいない印象です。

基本的にはギャグの範囲といったところだと思います。

 

まとめ


思っていたよりもオーグメントがいいキャラしてて良いですね。

あんな外見の癖して意外と常識的だったりお茶目だったりと、意外性の塊じゃないでしょうか。

まあ、意外性は裾野辺姉妹も凄かったですが・・・。

 

個人的には面白かったのですが、キャラクターのアクが強いのでそういった部分を確かめる意味で購入前には体験版をプレイすることを強くオススメします。

 

それにしても、発売2ヶ月以上前に体験版とは随分早いですね。

これだけ早いということは、開発も順調ということなんでしょうか?

だと嬉しいんですが。

つか、あと2ヶ月以上待つって長いよ!

 

 

リンク


 

・公式サイト

 

 

・製品ページ

 

 

 

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/augment_try/trackback/

コメントを残す