Evernoteを導入してみて

使えるサービスの紹介記事等、色んなところで目にする”Evernote”ですが、今更ながら導入したので、使ってみた感想を書いてみようかと思います。

 

Evernoteとは


その前にまず、”Evernote”について簡単にご紹介したいと思います。

Evernote(エバーノート)は、ノートを取るように情報を蓄積するソフトウェアないしウェブサービスである。パーソナルコンピュータスマートフォン(高機能携帯電話)向けの個人用ドキュメント管理システムとも言える。開発・提供の会社は Evernote Corporation である。

Wikipediaより抜粋)

つまり、自分が記憶しておきたい複数の文章を、ノートやファイルの様に一つに集約・管理ができるサービスです。

文章だけだとピンとこないかと思いますので、Windows版のEvernoteはこんな感じです。

 

Evernote

 

上のは自分が使っているものをキャプチャーしたものです。

もっとハッキリ見たい場合はクリックして拡大して下さい。

 

簡単な機能紹介


これだけだと何ができるのか分からないので、軽く機能と画面の見かたを紹介します。

詳細な機能や特徴が知りたい方は、公式や他のサイトさんへどうぞ。

 

まず画面の見かたについてですが、先ほどのモノを見やすいように色分けしたものがこちらです(クリックで拡大します)。

 

Evernote-a

 

赤色で囲っているところがノートブックのタイトルです。

ノートブックについて端的に説明すると、学校で使っていた”国語のノート”や”数学のノート”といった、教科別(用途別)にそれぞれ用意するノートのようなものです。

つまりこの例でいうと、”国語のノート”や”数学のノート”といったタイトルの一覧ということになります。

 

紫色で囲っているところがノートブックの目次にあたる部分です。

要するにノートブック全体or選択中のノートブックに収められているノート(自分がまとめたor書いた文章のこと)を一覧で表示しています。

上の画面の例だと、”個人メモ”というノートブックの目次ということになります。

 

青色で囲っているところがノートの内容です。

ここに文章を記入や気になったサイトの内容を保存したり、逆に過去に保存した文章を閲覧したりします。

 

緑色で囲っているところはタグの一覧です。

大ざっぱに言ってしまうと、本に貼ったりする付箋や本のカテゴリ分けに相当するものです。

これは自分がよく使う事柄やノートブックとは別にノートを体型別にまとめたいとき等、自分の使い方に則してノートに貼ると便利な付箋のようなものです。

 

Evernoteの便利な所は、こうして文章をまとめることに特化していることと、まとめた文章をその他の自分のPCやスマートフォンと共有できるところにあります。

つまり、Evernoteにちょっとしたメモをしておけば、出先でもスマートフォンでそのメモを確認することができますし、PCが壊れたり買い換えたとしてもまとめておいたものは消えない上に、僅かな時間で同じ状態を再現できるということです。

いわゆる最近はやりのクラウドですね。

 

それ以外にも、先ほども少し触れましたがブラウザにGoogle ChromeやFirefoxを使っている場合、”Web Clipper”というアドオン(後付の機能)を入れることで、簡単に見ているサイトやブログの記事を保存できます。

 

使ってみて 


さて、前置きが少し長くなってしまいましたが、使ってみての感想です。

 

前述の通り、ちょっとしたメモからwebで気になった記事の保存までこなせるEvernoteですが、とても便利で早速手放せなくなりつつあります。

特に、アドオンを入れることで簡単に記事の保存ができることと、pfdファイルも同様にまとめられるのがとても便利です。

 

今まではいい記事を見つけるとブックマークを使って記録していましたが、あまり有効に使いこなせていたとは言えませんし、管理が面倒な上に記録したブックマークもどれがどれか分からなくなってました。

それがEvernoteを使うことで管理しやくすなりましたし、何より気に入った記事が掲載されていたサイトが閉鎖されても、Evernoteに保存しておけば確実に見ることができる安心感がありあます、

これは専門的な内容を調べたりしている場合割りと重要で、以前見た記事をもう一度見たくなったときに見れなくて困ることも割とあったりします。

 

個人的な使い方として、pfdファイルが保存できることを生かして家電製品やゲーム機等のマニュアルもこれを使って一元管理しています。

僕はファイルの整理・管理が苦手で色んなファイルがアチラコチラに散乱しているのですが、こうやって管理することで無くすこともなくなる・・・筈です。

こうやって管理しておけば、紙のマニュアルはダンボールに入れて物置の片隅に置いておいても問題はなくなるので、お部屋も片付く・・・かもしれません。

 

あとこれはまだ考えだけで実践した訳ではないのですが、その他の使い方として、コミケ等のイベント時にサイト巡回すると思うのですが、その時に気になるサークルの情報をこれでまとめておけばイベント参加時に役立つかもしれないです。

 

その他に思いつく使い方としては、写真や音声も一緒に添付することができるので、それを生かしたメモや自分だけの日記をつけるとかでしょうか。

ただ、この使い方は容量に気をつけないといけないので、やや微妙かもしれないですが。

 

 

話にはよく聞いていて便利だともっぱらの噂だったのですが、その噂に違わぬ便利さです。

今までは無料アカウントだと1月に60MBまでしかアップロードできない制限があることと、どう使うのかイメージできなかったこともあってスルーしていましたが、今ではそのことをやや後悔しています。

まだ完全に使いこなせてはないので、これからも少しずつ自分のライフスタイルや趣味にあわせた使い方を模索できたらと思います。

 

  ・『Evernote』公式サイト

  ・Evernote 日本語版ブログ

  ・Twitter:@EvernoteJP

コメントについて

当blogのコメントはスパム対策のため認証制となっています。
ですので、もし管理人以外に公開したくないという方は、その旨を書いて頂けると非公開のコメントとして受け付けます。

コメントフォームの”名前”,”メールアドレス”,”ウェブサイト”の欄の入力は任意となっています。
コメントフォームにTwitter・Facebook・Google+の3つのSNSアカウントを使ってコメントすることができます。
”メールアドレス”は外部に公開されることはありません。

トラックバックURL

http://mw.sanpobiyori.info/2012-07-06/trackback/

コメントを残す